*しふぉん*の tedukuri-youbi

石けんやいろんなものを思いつくままhand-made ☆そんな私の気まぐれ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悲しい出来事

今は福島を離れているお友達から久しぶりに電話が来ました。
うきうきと電話に出た私でしたが、内容はとっても悲しいものでした。
2年ほど前から親しくさせていただいて、いつもわがままな注文を聞いてくれてた小さなケーキ屋さん。
cercle」の楽加さんが亡くなったという訃報の電話だったんです。

まだまだ若く、一人で小さなとっても素敵なケーキ屋さんを切り盛りしていました。
カフェ企画もいつも好評で予約が取れないくらい。
去年のTeshi-got市場に一緒に出ませんか?って誘ったら、ちょうど第二子の出産ということで残念ながらご一緒できませんでした。
来年また誘ってくださいねって言ってたのに・・・・。
出産後体調を崩されてしばらくお休みすると聞いて、回復してまたケーキ屋さんを再開するのとっても楽しみにしてました。

ブログにご主人からのメッセージが書いてあって、それを読みながらずっとめそめそして何も手につかなかった。
でもこのことを自分のブログに書いておこうと思いました。
11月に生まれたまだ小さな赤ちゃんと、まだまだお母さんが必要な幼稚園のお子さんを残してきっと心残りはたくさんあったでしょうね。
ケーキ屋さんのこともご主人のことも・・・・。

また黒いちぢくのタルトを作ってもらう約束でした。
去年の冬から突然枯れ始めたうちのいちぢくの木。 一本だけかろうじて残っていた枝もこの夏に枯れてしまったんです。
まるで楽加さんの命と一緒に逝ったみたいだねって旦那と話してました。
でも楽加さんに今年も持って行けるように挿し木していた枝に、ちゃんと実がなっています。
自分でも植えたいと言っていたのでお譲りすることにしてました。

地震のあと放射能のこともあるし赤ちゃんを連れて実家の大阪に行ってるものとばかり思っていました。
こんなことになるなんて信じられません。

でも彼女の作ったケーキを一度でも食べたことがある人は決して彼女のことを忘れないはずです。
ちょっと目をしばたたかせながらいつもまじめに応対する優しげな姿が今でも目に浮かびます。

何を言いたいのかわからなくなっちゃったけど・・・・・・・
一生懸命生きていた楽加さんのことはいつまでも忘れないよ。


心からご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
[ 2011/09/27 23:01 ] ひとりごと-youbi | TB(0) | CM(6)
NoTitle
私もショック。

あ、壁紙変更してあると思ったら悲しいお知らせ。

もとかちゃんのスイーツ大好きだったよ。
甘いのや洋酒が苦手なもとかちゃんらしい優しい味だった。もうもとかちゃんのフロマージュ食べられないんだね。産直やサトー商会でよくバッタリ会って話ししたっけな。可愛い盛りのお兄ちゃんと乳飲み子、そして何でも笑顔で手伝ってくれたご主人をおいてくのは何ほど無念だったと思うよ。

私も忘れない。
もとかちゃん、ありがとう!!
[ 2011/09/28 05:18 ] [ 編集 ]
セルクルさんのケーキは一回だけママ友が買ってきてくれて皆で食べました。それ一度きりでなかなかお店にも行けなくて。
まだお若いのにさぞ心残りもあったかもしれません、でも旦那さんのブログを読む限り最後の瞬間まで懸命に生き抜かれたんでしょうね。本当にご冥福をお祈りいたします。

しふぉんさんがいつまでも泣いていたらセルクルさんが悲しみますよ、ゆっくりでもいつも笑顔のしふぉんさんが戻ってきますように。
[ 2011/09/28 07:00 ] [ 編集 ]
NoTitle
直接の面識がない私がいろいろ言っても口先のことになりそうだけど
忘れないって事が一番の亡くなった方への冥福を祈ることになるんだって
自分を覚えてる人が一人もいなくなった時その人の魂もなくなるんだって聞きました
だからしふぉんちゃんはセルクルさんを忘れない、いつまでも悲しみ続けるんじゃなくて、忘れない、それが大事なんじゃないかと思います
頑張れ・・・
[ 2011/09/28 09:53 ] [ 編集 ]
mikaさん
mikaさんもお友達だったんですね。
まさかのお知らせに呆然としてしまいました。
本当に一生懸命頑張ってるっていう方でしたね。
昨日から思い出してはめそめそしていました。

みんなで絶対に忘れないでいてあげたいね。
[ 2011/09/28 20:02 ] [ 編集 ]
碧さん
私なんかがこんなに元気でのうのうと暮らしているのが申し訳ないよ。
なんでこんなことが起きるんだろう。

いつまでも泣いてはいないけど、ちょっぴり彼女を偲んでしんみりとしたい気分です。
[ 2011/09/28 20:05 ] [ 編集 ]
磨久さん
そうだよね。
絶対忘れないよ!
それを記憶するためにもブログに書こうと思ったんだ。
彼女の死を知らなかった人がこのブログを読んで、一人でも多く彼女のことを記憶に刻み付けて欲しかったの。
[ 2011/09/28 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。